ようこそ、お釣師者のサイトへ。爆釣方法の極意を釣り方教室で無料公開。「渓流釣りの極意」も発刊しました。超簡単ホームページ作成ツール:QHMの無償版の入手方法も御紹介。

中級者向け・釣り場への入り方

 中級者向け・釣り場への入り方

 ようやくポイントに到着した。さあ、バンバン釣るぞ。意気込みは良いが、釣師の姿に変身してそのままズカズカとポイントまで近づいたら、アマゴに対して警戒警報を発令しているのと同じである。
 以前、T川の岸の上からフライマンの釣りを見ていたのだが、フライマンが岸を歩き出すと、それまで川辺で泳いでいた魚がスーッと川辺から離れていったのである。つまり、歩いている釣師の振動が川の中まで伝わっているのである。さらに近づくと川の中の魚からでも釣師の姿が確認できるのか、さらに川辺から離れていき深場に姿を消していったのである。これでは釣れる魚も釣れなくなってしまう。そこで、釣り場に入る際の注意点を、おさらいしてみよう。

  •  できるだけ、足音を立てないように、そーっとポイントに近づく。
  •  石は動くものと考え、転倒の危険性を回避しかつ無用の音を出さないためにも石の上は歩かない。
  •  出来る限り姿勢を低くして、姿を見られないようにする。
  •  人影が川面に映りこまないように、太陽の位置に留意する。
  •  いきなり川の中心を狙うのではなく、手前の流れから奥の流れへと狙っていく。
  •  狙うポイントを変える場合以外は、一旦決めた立ち位置からはなるべく移動しない。
  •  川の中には入らない。(水の中では、音速の3倍の速さで音が伝わります)
  •  仕掛けを竿にセットする際にも、竿の陰が川面に映りこまないように気をつける。
  •  魚を取り込む際にも、竿の陰に留意する。
  •  万が一、川に入る場合はゆっくりと入り、足元を確認しながら水音を立てないように移動する。

中級者向け・ウェア | 中級者向け・釣具 | 中級者向け・仕掛け | 中級者向け・餌 | 中級者向け・塩イクラ | 中級者向け・釣り場への入り方 | 中級者向け・釣り方 | 中級者向け・振込み | 中級者向け・あたり | 中級者向け・合わせ | 中級者向け・引き | 中級者向け・寄せ | 中級者向け・タモ受け | 中級者向け・リリース | 中級者向け・源流釣りの危険性 | 中級者向け・鳥類などへの留意事項 ■

a:5293 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional