ようこそ、お釣師者のサイトへ。爆釣方法の極意を釣り方教室で無料公開。「渓流釣りの極意」も発刊しました。超簡単ホームページ作成ツール:QHMの無償版の入手方法も御紹介。

渓流釣りの極意(川釣りの危険性編)

川釣りの危険性

 「川釣りが危ないって何言ってんの?」と思うでしょうが、川釣りで亡くなった人は沢山います。

 源流域では、当然のごとく毎年亡くなられていますし、死なないまでも普通の川で大怪我をする危険性は高いです。

 どんな所が要注意箇所なのでしょうか?

 既に川原を歩く際の注意点は挙げていますが、それ以外の注意箇所も合わせて挙げておきます。

  • 石の上は滑る。・・・川原の石は、長年水に削られたり転がり続けているので、角が丸くて面もスベスベしているものが多い。従って、川原にある石でも滑る危険性が高い。水中に在って、"苔が付いている石"はなおさらである。滑って転べば、打ち身・捻挫・骨折は必死である。竿を折る程度で済めば良いが、打ち所が悪ければ、そのまま天国行きである。
  • 水の流れの強さに注意・・・また、川を渡って向こう岸に行く場合は、水の流れの押しの強さに警戒が必要である。流れている水の水位が股近くまである場合は命がけになる。一旦流れる水で足元をすくわれて体が横になれば、腕を伸ばしても川底につかないため、立ち上がり直すのは難しく、そのまま流されていくからである。毎年、子供の犠牲者が出るのは、親がこのことを知らず、水遊びで流されて力尽きて亡くなるのであろう。
  • 川底の石の隙間に注意・・・もう一つ、注意しなければならないのは、足先が川底の石の隙間にはまって、身動きが取れなくなることである。自分で足を抜こうとすると、身体が横に倒れてしまったり、前のめりになって水の中に顔を突っ込んだりする。自分ではどうしようもないことがあるので、誰かに助けてもらう以外ない。人里でも、人気のない場所に釣りにいく場合は、二人以上で行く方が安全です。
§何にでもいえることだが、川釣りでは決して無理をしないこと。源流で怪我をして動けなくなれば、助けが来るまでに山の小動物の餌になってしまうことも、決して稀ではない。

肌対策

  •  紫外線から目を保護するのは、やはりサングラスが良い。そして川面の乱反射には、偏光グラスが良い。サングラス+偏光グラスであれば、最強だ。
  •  ※UVカットクリームを、肌を露出する部分(顔、腕、首筋etc)に塗っておくと、日焼けが防げる。でも、汗をかいたら塗りなおそう。
  •  虫除けも併せてスプレーしておくと、虻や蚊などから肌が守れる。万が一のことを考えると、ムヒアルファEX(宣伝か?)も必要だ。
  •  蛇などに咬まれるような場所に行くなら、毒の吸出し器があれば心強い。蝮(まむし)の血清があれば万全だ。 
  •  蝮(まむし)は、どこにでも居るので要注意!。

釣り方教室を開講したきっかけ渓流釣りの極意(竿編)渓流釣りの極意(仕掛け編)渓流釣りの極意(餌編)渓流釣りの極意(釣り方編)渓流釣りの極意(ポイント編)渓流釣りの極意(マナー編)渓流釣りの極意(根掛かりの外し方)|渓流釣りの極意(川釣りの危険性編)|釣り方教室・掲示板

a:17478 t:2 y:5

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional