ようこそ、お釣師者のサイトへ。爆釣方法の極意を釣り方教室で無料公開。「渓流釣りの極意」も発刊しました。超簡単ホームページ作成ツール:QHMの無償版の入手方法も御紹介。

中級者向け・塩イクラ

中級者向け・塩イクラ

  •  初心者は、釣具店のイクラを買う方が多いようだが、量が少なくて値段も市販の塩イクラの倍ほど高い。中には、落とすと跳ねるようなイクラ(スーパーボールか?)もあり、びっくりする。
  •  私はネットで『食用の塩イクラ』を手に入れる。送料込みでキロ¥五千円前後(もう少し安いものもある)のもので、そのまま十分に使える。私が買っているのは『特特特のアイスキャビア』で、食用としても高価であるが、年間では4キロほど使っているだろうか?。
  •  冷凍状態で送ってくれる物を選び、解凍し過ぎないように、常温ではなく冷蔵庫で一晩寝かせる。全体がチーズのようにムニューっと柔らかくなったら粒を指先で潰してみる。パチッとはじけて粘りも足りないと感じるようであれば、別の容器に広げて塩で軽くしめなおせば良い。 
  •  実釣で、3~4回程度(これ以上は固すぎる)の振込みに耐えられ、餌切りがスムースに出来て鈎に残らなければOKかな。
  •  イクラが丁度良いねっとり感であれば、釣りに持っていく小さめの容器(100g程度が入るもの)にラップを敷いてキッチリと詰め、ぴったりラップで蓋(ここが肝心:霜が付かないようにするため)をして、容器の蓋もして(当たり前か?)再度冷凍する。
  •  使う量によって持っていく餌の容器の数を増やせばよい。ちなみに私の場合は、一日最低200gは使う。ただし、一個だけは前日に冷凍庫から冷蔵の部屋に移して解凍すること。残りの容器は、ビニール袋に(水が入らないように)閉じ込めて、氷を入れたクーラーに入れて持っていく。解凍し忘れたら、車の中で解凍するしかない。

中級者向け・ウェア | 中級者向け・釣具 | 中級者向け・仕掛け | 中級者向け・餌 | 中級者向け・塩イクラ | 中級者向け・釣り場への入り方 | 中級者向け・釣り方 | 中級者向け・振込み | 中級者向け・あたり | 中級者向け・合わせ | 中級者向け・引き | 中級者向け・寄せ | 中級者向け・タモ受け | 中級者向け・リリース | 中級者向け・源流釣りの危険性 | 中級者向け・鳥類などへの留意事項 ■

a:12379 t:3 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional