ようこそ、お釣師者のサイトへ。爆釣方法の極意を釣り方教室で無料公開。「渓流釣りの極意」も発刊しました。超簡単ホームページ作成ツール:QHMの無償版の入手方法も御紹介。

渓流釣りの極意(マナー編)

釣り場でのマナー

 釣り人口が多く、釣り場で一人きりになることは少ないので、必ずしも守ることは出来ないと思うが、基本的なマナーのポイントを列挙する。

  • 川券は良く見える箇所に身につけるか、車のダッシュボードの上に置く。
  • 狭い釣り場で先行者がいる場合は、そのポイントは断念する。
  • 釣り場に先行者がいる場合は、軽く挨拶をしてから釣り場に入って良いかを確認する。
  • 隣の釣師とは、お互いの竿が当たらないよう最低竿2本分以上、可能であれば4本分(互いの竿の長さ + 仕掛けの長さ分の距離)以上の距離をとるようにする。
  • 他の釣り人と仕掛けがからんだら、自分の仕掛けを切るようにする。
  • 他の釣り人がいる場合は、川の中には立ち込まない。立ち込む場合は、水音がしないように、ソロリと入り、ソロリと移動する。
  • 釣り場を立ち去る時は、軽く「お先」と声をかける。
  • 釣り場にゴミを残さない。

 §釣り場で他の釣り人と会話をすると、色々な情報が手に入ります。また、他の釣り場で合ったら、向こうから声をかけてくれます。トラブルに遭遇した場合は、助けにもなります。少しで良いので、会話をするようにしましょう。

釣り方教室を開講したきっかけ渓流釣りの極意(竿編)渓流釣りの極意(仕掛け編)渓流釣りの極意(餌編)渓流釣りの極意(釣り方編)渓流釣りの極意(ポイント編)|渓流釣りの極意(マナー編)|渓流釣りの極意(根掛かりの外し方)渓流釣りの極意(川釣りの危険性編)釣り方教室・掲示板

a:11735 t:1 y:3

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional