ようこそ、お釣師者のサイトへ。爆釣方法の極意を釣り方教室で無料公開。「渓流釣りの極意」も発刊しました。超簡単ホームページ作成ツール:QHMの無償版の入手方法も御紹介。

渓流釣り日誌/2020-07-24

Top / 渓流釣り日誌 / 2020-07-24

さすがに厳しい四連休!

新型コロナの再燃が懸念されるも、世の中は四連休。
漁協の橋の上から下を覗くと、少しながれが緩くなっているようだ。

画像の説明

天川の南日裏に到着すると、彼方此方に車が止められている。

七時を過ぎて到着したので、キャンプ場の客はぞろぞろと表に出てうろうろしている。
鮎釣師も川岸で竿を立てている。

取りあえず、キャンプ場の前の瀬を探るが、ちびアマゴばかり。
水温が下がったためか、鮎は掛かりが悪いという。
まあ、来年に期待するぞ、ちびアマゴ。

場所を移動し下流に向かうと、九尾ダムで車が止まっている。
車を止めて尋ねると、ルアーマン。
水嵩が低くて、下の吊り橋まで探ったがアタリが全くないとのこと。

本当かなと思いつつ、天川最下流部まで移動。
ここの瀬では、さほど水嵩の低さを感じなかったが、なんとかアマゴ2匹をゲット。

今度は川を遡り、九尾ダムに戻って来た。
支度をしていると、漁協の軽四が止まった。
様子伺いであろう。
どうも、他のアマゴ釣師は全然釣れていないとのこと。

一つ下の降り口から川に降りる。
レレレ、ない、ここは水嵩がない。
前回、プチ入れ食いしたポイントでもアタリなし

探りながら、上に移動する。
大岩のポイントに来た。
水は変に薄緑に透き通っている。
ここでアマゴを一匹ゲット。

さらに移動しダムの下の瀬を探るが、水流がなく魚は隠れてしまっているようだ。
ダムの放水も、魚道と思しき階段状の流れしかない。

画像の説明

ダム直下も探ったが、魚影が見えるものの、軽いアタリが一度あっただけ。

画像の説明

まだ午後二時だったので、もう一カ所と思い付いたのが、栃尾のキャンプ場前。
まあ、ここもアタリは期待薄だが、人が居ない場所の一つなので、探ってみることにした。

瀬でもアタリが無かったが、クッというアタリが有ったポイントで再度仕掛けを流すと、やや小さめのアマゴが出てきた。
しかし、それ以降は、アタリが途絶えた。

釣りを終了し、天川友達の隠れ家に立ち寄ったが、どうも最近は利用していないようだった。また二日間ほど雨が降るようなので、もう少し増水した時にまた来ようと思う。

■本日の釣果  アマゴ:4匹 20cm以下



コメント


認証コード(7305)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional