ようこそ、お釣師者のサイトへ。爆釣方法の極意を釣り方教室で無料公開。「渓流釣りの極意」も発刊しました。超簡単ホームページ作成ツール:QHMの無償版の入手方法も御紹介。

渓流釣り日誌/2020-05-10

Top / 渓流釣り日誌 / 2020-05-10

天川最終追加放流外し

夜明け頃に出発し、6時過ぎに天川に到着。
昨日の雨では、水嵩は増えていなかった。
途中の交通量が異常に少なかったのは、単に天気が悪かっただけでなく、不要不急の外出を控えているからであろう。

画像の説明

画像の説明

南日裏で追加放流はあるものの、居残りを探しに下流に移動。
追加放流ポイントには複数台の車が止まっているが、スルーして『みずはの湯』までやってきた。

追加放流ポイントではあるが、瀬を探りたいのでここまで移動してきた。
下流なら、少しは流れがあるかと期待したが、流れは殆どない。
釣師が3人ほどいたが深場を探っていて、見ていてもかかる様子はない。

深場を避け上手の瀬を探るが反応なし。

一応深場を探るも、なかなかアタリが出ない。
イクラを切り続けるとなんとかアタリが有り、アワセるとウ君である。
アマゴの姿は見えるが、どうも反応が弱い

その後下手の深場に移動し、流れに仕掛けを乗せると、やっとこさアマゴが顔を出す。
※ここでは、寂しくも1匹

ここは見切って下流に移動し、広瀬の橋(ここも放流ポイント)の下流の瀬を探る。
軽い段々に流れているので、探るポイントはいくつもある。
少し速めの流れを一つひとつさぐっていくと、アマゴの好みそうなポイントで時折アタリが出る。
数は伸びないが、腕を上げることができる。
一流しでは食わないアマゴも3流しすると、大体食ってくれる。
※ここではなんとか4匹

画像の説明

こんどは、遡っていって九尾ダムの下の瀬を探ることにした。
九尾ダムの下手の瀬は、細い流れになっていた。
一応探るが、やはりアタリは無かった。

さらに下り、深場に期待をかけるが、一匹のみ。
ここで本日の釣りは終了。
※ここでは、寂しくも1匹

■本日の釣果  アマゴ:6匹



コメント


認証コード(6122)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional