ようこそ、お釣師者のサイトへ。爆釣方法の極意を釣り方教室で無料公開。「渓流釣りの極意」も発刊しました。超簡単ホームページ作成ツール:QHMの無償版の入手方法も御紹介。

渓流釣り日誌/2019-07-07

Top / 渓流釣り日誌 / 2019-07-07

七夕釣行

天川役場に着いたのは、6時過ぎ。
今日は曇り空である。
ポイントの栃尾まで移動し、釣り始めたのは6時半を回っていた。

釣師の車は殆ど見かけない。
仕度をしようと装備を出していると、あれれ?、タマが・・・

画像の説明

止む無く、根付けの鹿の角は無しという不細工な状態で使用。
先ずは、大岩のポイントを探るが、期待したほど数は出ないし、サイズも20cmまでである。

釣上がると、好ポイントでポツリポツリとアタリが出て、アマゴが顔を出す。
水嵩が平水より高く、流れが速いので、主流ではなく脇の流れでアタリが出易い。

振込直後にゴソゴソという感覚が有ったがアタリかどうか分からなかったのでアワセず、再度探り直してアタリが有ったところでアワセると、これも20cmほどのアマゴ。

少しずつ釣り上がるが、アタリは期待したほど出ない。
暫くすると、釣師の姿が見えてきた。

鮎釣りの仕掛けの位置に注意し仕掛けを振り込むが、鮎のポイントとアマゴのポイントは重なることが多く、正直優良ポイントは探れない。
鮎釣師に一声かけて、上手に回ると鮎釣師は囮の鮎に引きずられて下手に移動。
これ幸いと、空いたポイントを探るがアタリが出ない。

ここで、フドウ虫にバトンタッチ。
再び探り直すと、手前近くの脇の流れでアタリが出て、アマゴが顔を出す。
この時期になると、イクラより生き餌の方が良いようだ。

なんとか後少しで「ツ抜け」できる数になったので、次のポイントに移動する。
とはいっても、何処にしようかと車で移動していると、キャンプ場の手前で白く泡立つポイントが有ったので、探ってみることに・・・

画像の説明

ここにも鮎釣師が数人居たが、キャンプ場の前の緩い流れではフライを振っている釣師も居る。

画像の説明

泡立つポイントから深場へと流れるポイントを探ると、早速アタリが出るがお邪魔虫のウ君である。
しかし、プチ入れ食い状態となり、ウ君、アマゴ、ちびアマゴと楽しめる。

おおっ良型、という引きもあったが、なんとスレ掛かり。
魚が溜まっていたのであろうと思われる。

ここで4匹追加するが、良型には恵まれず再度移動し、小川キャンプ場までやって来た。
ここでは水際に水着姿のカップルが居て、ガキのように騒いでいたので、様子見で竿を出したがアタリはウ君しか出なかった。

再び移動し、ヘリポート付近を探るもアタリなし。
ここで遭った鮎釣師と二言、三言、言葉を交わすと、現在大阪の八尾市に住んでいるが栃尾出身の方とのこと。
以前は支流でしかアマゴは釣れなかったそうだが、今は放流するので管理釣り場状態だと言われていた。

まあ、里の活性化の一環なので仕方がないように思うが・・・

画像の説明

■本日の釣果  アマゴ:12匹



コメント


認証コード(0837)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional