ようこそ、お釣師者のサイトへ。爆釣方法の極意を釣り方教室で無料公開。「渓流釣りの極意」も発刊しました。超簡単ホームページ作成ツール:QHMの無償版の入手方法も御紹介。

渓流釣り日誌/2019-05-04

Top / 渓流釣り日誌 / 2019-05-04

最終追加放流翌日釣行

今回も夜明け頃の出発である。
前日に追加放流があったので多少は居残りがいるかなと、若干の期待を持ちつつ天川に到着。
気候が良くなったので、登山客の車が役場の駐車場を占有している。

画像の説明

釣り人の車は、そこそこポイント近くに止まっている。
南日裏のキャンプ場に入ると、二人ほど先客が居る。
早速準備をして、川に入る。
今年はイクラの食いが渋いので、ブドウ虫とミミズも準備してきた。

相変わらず水嵩が低く流れも緩いので、じっくりと攻めることにした。
向こう岸の浅い流れを攻めるが、なかなかアタリが出ない。
若干冷え込んだので活性が落ちたか、それともイクラを食い飽きたか?

少し上に移動して、少し深さのあるポイントを攻めると、来ました来ました、コツンという感じのアタリ
早速アワセると、アマゴです。
しかし、手元まで寄せてきて、バラしてしまった
バラすことは少ないので、ショックである。
気を取り直して、再び打ち込み開始

そして、ブドウ虫にチェンジ
すると根掛かりっぽいアタリが・・・
アワセると、アマゴである

そこからは立て続けに5匹ほどゲット
すると下手に釣師が立ち込み、かなり向こう岸に近づいて釣りを始めると、立て続けに3匹を釣り上げた。
うーん、あと3Mほど向こう岸に近づけば、良かったのかな?
しかし、目の前で釣る感覚には、少々抵抗がある。

上手にも釣師が立ち込んだ。
そして、向こう岸の流れでアタリが出始め、パチャパチャと時々跳ねる音がする。

私も探って何匹が釣った場所だが、コツコツとアタリが出ても鈎に乗せ切れなかった。
しかし、ゼロ釣法の竿なので、違和感なく餌を食わせることが出来るので、掛かりが良いようだ。ただ、掛けてから取り込みまでがまどろっこしいので、私はスポンと抜ける今使っている竿の方が好きだ。

さて、結構粘って10匹を超えたところで、アタリも遠のいたので、場所移動することにした。
もともと私の釣りは、釣り歩きで竿抜けポイントを攻めて、釣り残しを釣るスタイルなので、アタリが遠ざかると粘って釣りをすることは少ない。
自己分析したわけではないが、どうも面白みに欠けるという気がするのである。
あちらこちらと探り釣りをしたからこそ、昨年のように65センチのニジマスに出会えることが出来たのであろう。

車で下流に移動して、天川では数少ないお店の前の橋にやって来た
初めて入る場所だが、軽い段差の下流は、ドンと深くなっており、橋から下は殆ど流れがないので釣り難いのだが、色々なスチュエーションでの釣りは自分の釣りの幅を広げることができる。
橋の向こう側から、グルリと回り込んで川原に降りる
釣り人の姿は見えないが、昼に近いので探られた後かも知れない
まずはイクラから試してみる
落ち込みから緩い流れに乗せて仕掛けを流すと、早速クックッというアタリが出て、アマゴが顔を出す。連荘で3匹釣った頃、向こう岸に釣り人が現れた
アタリが遠退いたので、ぶどう虫に換えてみた

それが功を奏したのか、アタリが出て、20センチほどのアマゴが掛かる
何匹が追加して、再び移動
もう少し、流れがあれば、また面白くなるのになあ、と思うことしきり

今度は、期待薄の小川キャンプ場の下のポイントである。
昼を過ぎると、流石に暑くなってきた

川原に降りて、さらに下の深場へと探りながら移動していく
ふと気になった瀬尻の岩の脇の膝ほどの深さのポイント
竿抜けポイントに期待がかかる
仕掛けをそーっと落とし込むと、クッと一瞬仕掛けが引かれた

画像の説明

水量も強いので、確認のため軽く穂先を上げると重みを感じたので、アワセると23センチほどのアマゴである。
ヤッター感があり、なんとなく嬉しい

そこから釣り上がるもアタリがなく、小川キャンプ場の手前で子供の遊ぶ姿が目に入り、本日の釣りは終了。
今年の天川は雨が少なく、居残りが例年より少ない感がある
後、1カ月もすれば梅雨に入り、水量が増せば下流から遡って来るアマゴもいるであろう。
型物が期待できるであろう

画像の説明

あっ、また、写メ忘れた!

■本日の釣果  アマゴ:18匹



コメント


認証コード(9058)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional