ようこそ、お釣師者のサイトへ。爆釣方法の極意を釣り方教室で無料公開。「渓流釣りの極意」も発刊しました。超簡単ホームページ作成ツール:QHMの無償版の入手方法も御紹介。

渓流釣り日誌/2018-08-10

Top / 渓流釣り日誌 / 2018-08-10

厳しい盆前釣行

流石に8月に入ると、釣果は望めない。
なんとなく熟睡出来ず、夜中に何度か目覚め、気がつくとすっかり夜が明けていた。
仕事の切れ間ということで、様子伺いで天川に車を走らせる。
一頃の暑さほどではないものの、陽が当たれば汗が噴き出ること間違いなし。

8時過ぎに出発し、ゆっくりと車を走らせる。
吉野川の千石橋を渡り、暫く走るとがけ崩れで通行規制がかかる場所に来たが、“あれれ!”規制がかかっていない。(帰路は規制がかかっていた)

天川は、多分前日降ったであろう雨で山が水を吐き出していたが、水嵩は前回同様かなり低かった。川岸の石の濡れ具合から、昨日であれば15センチほど水嵩が高かったことが分かる。残念である。
こりゃあ、ポイントが絞られるなあと思いつつ、川合から下流に車を走らせるとキャンプ場は家族連れで賑わっていた。
ますますポイントが絞られる。

○まずは、九尾ダム直下のポイント。

画像の説明

魚道?以外は流れがない。
手前から攻めるも、ポイントに十分届かずアマゴの釣果なし。

○九尾ダム下流の瀬
ここも前回攻めたので期待できないが、白い泡のポイントを集中的に攻める。
結果5匹の釣果

○次は栃尾へ
たるい流れでは魚の活性が上がらず、流れの有るポイントを攻める。
泡ポイントでは2匹をゲット。
浅くても流れのあるポイントや、日陰のポイントも丁寧に攻める。
ここでは、なんとか4匹をゲット

鮎群れが幾つも見て取れる。

○次は最下流のポイント
直ぐ下は十津川につながる

ここでも水嵩は半減し、逆に良さそう。
じっくりと攻めると、数投目にアタリが出る
しかし、鈎に乗らない。

さらに、振り込みを続ける
すると、仕掛けの流れが怪しい。
流れが安定しない。きっと何かが餌鈎を加えているのであろう。

ピシッとアワセる
少し重量感のある引きであるが、直ぐに寄ってくる

25センチほどのウ君である。
さらに、探る。

また目印が横に流れるアタリが出た
アワセると、またウ君である

“おっ、なんだあいつは?”
手前の流れに40センチほどの魚体が見える。
鯉のようで・・・、しかし流れのあるポイントで静止している。

魚体はややくろずんでいるので、アマゴではなさそうだ。
ニジマスかなと思いつつ、ニジマスなら食ってくるだろうと仕掛けを流す。

またもツンツンと引くアタリがでた。

すると重みのあるなかなか良い引き
少しだけ頑張って、スルスルと寄ってきた
30センチ近いウ君である。

残念ながら、アマゴの姿は拝めなかった
身体に熱がこもってきたので、今日はこれまでとする。

 ※盆前につき、簡単な報告と致しました

画像の説明

本日の釣果:アマゴ9匹



コメント


認証コード(2101)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional