ようこそ、お釣師者のサイトへ。爆釣方法の極意を釣り方教室で無料公開。「渓流釣りの極意」も発刊しました。超簡単ホームページ作成ツール:QHMの無償版の入手方法も御紹介。

渓流釣り日誌/2018-05-17

Top / 渓流釣り日誌 / 2018-05-17

遠回り釣行

前回(5/12)は庵住の通行止めで不完全燃焼の釣行となったため、仕事の合間に橋本から回り込んで、”小川キャンプ場” や ”みずはの湯”辺りを攻めに行くことにした
天川の川合からは通行止めになっているので、釣師も少なく、ゆったりと釣りが出来ると考えたからである

30分近くの遠回りになるが、普段利用している道とは異なり、車の数は殆どなかった。
ナビに従って、途中、宗川に沿って走ってしまったが、このまま走るといつもの道に戻ってしまうとすぐに気がつき、十津川方面への道に戻る。途中、車幅制限の立看板が・・・???

画像の説明

そこからも暫く走り、天川への分岐点から広瀬地区の橋に到着。
上手を見ると、やはり水量が多い

画像の説明

一旦トイレ休憩し、”みずはの湯”に到着

画像の説明

水位が高いので、瀬を中心に攻めることにした。
8mの竿が固着でドック入りなので、9mの竿での勝負となる。
最近は仕掛けの重りも1B未満にしているので、思うように仕掛けを飛ばせないので苦労する。

瀬では元気な鮎が、ピョンピョン跳ねている。
瀬を中心に探っていくと、重りが底を打つようなアタリが出て、18センチほどのアマゴが掛かる。

その後もポイントを探るが、やはりなかなかアタリが出ない。
出ても、ちびウグイのイクラを突くような軽いアタリしか出ない。

しかし、ポイントである瀬で数匹をゲット

少し下に下がって、砂地から岩が突き出ているようななだらかな場所に来た。岩の間を流れる筋に仕掛けを乗せて、探るがなかなかアタリが出ない。

しかし、岩の横に仕掛けを振り込んだ瞬間、岩に引っかかるようなアタリ
!!!
少し油断していて虚を突かれたが、なんとかアワセると20センチほどのアマゴである
その後も下の流れを探るが、腰近い深さのためか、アタリは出なかった
ここでは、アマゴ7匹をゲット

画像の説明

ここはこれまでと諦めて、小川キャンプ場に移動。
下流の方で、釣竿を持った釣師の姿が一人見えたが、川から上がっていった

川向うを中心に攻め、時間があれば道路側のポイントも探ってみよう。キャンプ場の階段を下りて、瀬をじっくりと攻めていく。

このポイントは先日攻めたが、丹念に探っていくとアタリが出る。
やはり瀬でアタリが出易いようだ。
特に川の真ん中の瀬でアタリが出やすい
竿が届かない、所謂”竿抜けポイント”である。

川向うの道路を、時々ダンプが走っていく。
道路工事の車であろう。
移動しながらじっくりと攻めていると、向こう岸の橋の下手に釣師がやってきた。

川上からは川下へと車が時々走っていく
???、道路通じたのかな?

向こう岸の釣師が、一人増えた
そして、徐々に下に移動してくる。

あの格好は、遠目ではあるが“釣聖 恩田敏雄”に似ているなあと、ふと感じる。そういえば、今年は仕事の関係で長良川に行けなかったなあ。

向こう岸の釣師時々アワセを入れて、時折竿がしなっている
遠目では判別し難いが、痙攣するように魚体を震わせるアマゴも掛かっているいるようだ。
だが、瀬では付きものの根掛かりも頻繁にあるようで、仕掛けを時々作り直していた。
あの腕だと、後で探っても、釣果は期待薄だなあと感じた

こちらは、ポツッ、ポツッとアタリが出て、釣果を伸ばす。
瀬のポイントはじっくりと攻めて、釣り漏らしの無いようにする。(私は鬼か!)

川の中ほどは浅めで期待できるので、瀬となっている川の中ほどに仕掛けを飛ばす。
アマゴが居ればすぐにアタリが出るので、振り込み直後は特に気が抜けない

また、アタリが出た
アワセると、結構元気が良い
タマで受け取ると、18センチほどのウ君???
アマゴ???、否オイカワである
なかなか釣れない魚種である
これは、即、お帰り頂いた

画像の説明

昼も近づいて来た頃、LINEの電話が鳴った
天川友達であるジムニー販売店の社長のT氏である

月末の土曜日の、天川のキャンプ場のアユバーベキューに参加しないかとのこと
こちらは、プロジェクトの都合もあるので、取り敢えず断ることにした
併せて、道路の通行止めが解除されたとの情報も頂いたので、吉野土木事務所に確認すると、車幅2Mの制限はあるものの、崖の崩落は土砂が取り除かれて、通行できるようになったとのこと。帰りは、いつものルートで帰ろう。

川向うの釣師が徐々に瀬尻まで下がってきて、時折竿を曲げている
70歳以上と見受けられる方は、殆ど川に立ち込まない釣りをしている。
シビアな釣りだ
また掛けた、だがウ君のようだ。
そして暫くすると、アレレ!いつの間にか姿が消えていた

しかし、今日は暑いなあ!
雲が切れて、ますます日差しが強くなってきた
顔の皮がボロボロに剥けそうだ
午後二時半を過ぎたので、本日の釣りは終了

画像の説明

帰り際に漁協事務所に立ち寄り、釣果報告をする。
卓上に置いてあったピカピカの天川漁協の帽子に目が留まる。

使っている帽子が恥ずかしいくらいに薄汚くなってきているので、ピカピカの天川漁協のロゴの入った帽子が羨ましかった。

■本日の釣果: アマゴ:20匹



コメント


認証コード(2497)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional