ようこそ、お釣師者のサイトへ。爆釣方法の極意を釣り方教室で無料公開。「渓流釣りの極意」も発刊しました。超簡単ホームページ作成ツール:QHMの無償版の入手方法も御紹介。

渓流釣り日誌/2018-04-05

Top / 渓流釣り日誌 / 2018-04-05

半日釣行

色々とやることは有るが、休みを取って天川にやってきた。
天気は余り良くない。

画像の説明

流石に平日の早朝は、釣り人の車と思しき車は見当たらない。
今回は、またも吊り橋の下流の瀬にやってきた。
水嵩は前回より少し減っている。
水流も落ち着いている。

画像の説明

画像の説明

流れの脇の緩い流れで、モゾモゾとしたのでアワセるとアマゴである。
仕掛けを抑えながら瀬の流れを攻めると、ポツリポツリとアタリが出る。
アタリが出なくなっても、3,4,5回は、探りを入れる。
段々になっている瀬の流れを一つひとつ探っていくと、ウ君のアタリに混じって、アマゴが顔を出す。
1時間ほどで“ツ抜け”出来たようである。

手前のチョットした流れも見逃してはいけない。
2mほどの短い流れも、根がかりを恐れず仕掛けを流す。
すると、仕掛けが止まったり、コンコンコンとアタリが出たりする。
それを繰り返すことで、釣果を伸ばせるのだ。
もちろん、向こう岸の際の浅い流れも探らないといけない。
結構、アタリが出て釣果が伸びる。

瀬の下の流れが扇状に広がっている所も、アマゴが好きなポイントである。
遠くから仕掛けを流し、竿を伸ばして、瀬肩で止めるとイクラがふわりと浮き、それにアマゴが食い付くのである。
目いっぱい竿を伸ばすと、アワセ難いが、アタリは手元まで伝わってくる。

今日は昼から所用があるため、午前中しか釣りができない。
しつこく探り過ぎると、時間ばかりくってしまうので、適当なところでポイントを移らなければいけない。

深場にやってきた。ニジマスが好むポイントである。
なんとなく、この深場の下は以前より深くなったように感じるなあ。

深場の駆け上がりでアタリを待つと、クッと重みを感じる。
アワセると、アマゴである。
しかし、ウ君が連続したところで、本日の釣りは終了。

画像の説明

アマゴを捌いて吊り橋のところまでやってくると、釣り人が一人、吊り橋の下のポイントで、アマゴを釣ったようだ。その後、二匹を追加したところまでは見ていたが、時間がないので着替えて、河合の漁協事務所に立ち寄る。

お姉さんが一人居たので、“お釣師者です”と名乗って、本日の釣果報告をしてから、先日の釣果の訂正をお願いした。

役場のトイレに立ち寄ると、南都銀行の移動ATMバスなるものが止まっていた。

画像の説明

帰路の途中、時々立ち寄るお好み焼き屋に立ち寄る。
薄いお好み焼きが特徴で、80歳を超えた元気なお婆さんがやっている。
11時頃から15時頃まで、やっている。
「最近は、子供がやって来ない」とぼやいておられる。
気が向いたら、立ち寄ってみてください。定休日はありません。
お婆ちゃん、勝手に乗せちゃったよ!!

画像の説明

□場所
  近鉄下市口駅の踏切を北に上がり、最初の信号で右折、100mほど行った四つ角に有る。車は店の前に止めています。営業していれば暖簾がかかっている。屋号のないお好み焼き屋です。

画像の説明

■本日の釣果: アマゴ:28匹

画像の説明



コメント


認証コード(7056)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional